「Office 2019」いよいよ2018年後半に提供開始

マイクロソフトが米オーランドで開催中のイベント Microsoft Igniteにて、オフィススイートの最新版Office 2019を2018年後半にリリースすると発表しました。プレビュー版は2018年中頃に提供開始となる見込み。
特に注目はExcelで、新しい数式やグラフ機能にくわえ、Bing APIを利用してインターネットから情報と取り込むことも可能になります。さらにExcelで情報を分析するために作成した機械学習モデルを利用したり、JavaScriptを使用してのデータ操作やサードパーティのサービスまたはAPIからデータを取り込むと行ったことが可能になるとのこと。
一方、PowerPonintではモーフィングとズームのようなビジュアルアニメーション機能が追加され、さらに磨きがかったプレゼンを制作可能になるとしています。



これらの記事もよく読まれてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください