リュック・ベッソン監督の映画「Valerian(原題)」28世紀の宇宙が舞台、モデルのカーラ登場

 

本作は、フラ監督を務めるリュック・ベッソンは、『グラン・ブルー』『ニキータ』『レオン』などの映画史に残る名作から、近年では『ルーシー』など、数々のヒット作を手掛けてきた。得意とするSF作品をどのように描くかに注目が集まる。スのSFコミック『Valerian and Laureline』を実写化した作品だ。舞台は28世紀の宇宙。ストーリーは、2人の政府の特別工作員が、宇宙の平和を維持するため銀河間都市アルファを調査しに行くシーンで幕を開ける。見どころは、人智を超えた複雑なストーリーと、圧倒的な映像美だろう。700年後の宇宙空間やそこに棲む不思議な生き物たちが織り成す幻想的な世界は、リアルに再現されていながらも、現実を超えるほどの美しい光や色で、観るもの引き込む。監督を務めるリュック・ベッソンは、『グラン・ブルー』『ニキータ』『レオン』などの映画史に残る名作から、近年では『ルーシー』など、数々のヒット作を手掛けてきた。得意とするSF作品をどのように描くかに注目が集まる。

 

『フィフス・エレメント』(仏題:Le Cinquième élément、米題:The Fifth Element)は1997年のフランス・アメリカ合作製作のSFアクション映画映画。リュック・ベッソン監督、ブルース・ウィリス主演。ミラ・ジョヴォヴィッチの出世作でもある。

 

 



これらの記事もよく読まれてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください